お知らせ
  • !重要!新規症例登録について
  • ご協力いただき有難うございます。
    下記3点お知らせいたします。

    ・①C2-6および③VA症例については、概ね必要症例数に到達しましたので、新規登録は終了します。
    ・当局報告が必要な初期240例のうち未登録の症例については、個別にご施設様にご連絡を差し上げますので、ご登録をお願いします。
    ・②C7については必要症例数まで残り11例ございますので、対象となる症例がございましたらご登録をお願いします。
  • 【登録症例数】2022年4月30日
  • 現在までの登録症例数は下記の通りです。
    引き続き、ご協力のほどお願い致します。

    ● 全登録症例数 273症例

    ● 部位別登録症例数(カッコ内はPMS必要症例数)
    ①:133例(140例) ②:47例(75例) ③27例(25例)

    ※他は部位未登録(部位入力済未送信分も含む)、またはPREMIER適応外
  • 登録に際しての注意事項
  • 登録は、PREMIER適応で使用した症例が対象です。
    ①内頚動脈:C2~C6(140例):最大瘤径5mm以上、10mm未満
    ②内頚動脈:C7(75例):最大瘤径5mm以上
    椎骨動脈(25例):最大瘤径5mm以上

    ネック径4mm以上、もしくはドーム/ネック比2未満
  • 複数病変を有する症例の登録について
  • 登録は、1患者=1患者ID で管理してください。
    複数個のtandemではない脳動脈瘤を有する症例の場合、2個目以降は、術直前画面で新たな病変IDを取得し、手技(2)以降に新たな手技情報を入力してください。

    <Tandem lesionの場合>
    1本でカバーした場合:「外科的手術やコイル塞栓術での治療が困難」と判断した理由>「その他」に詳細をご記入ください。
    2本以上使用した場合:「複数本使用した場合の理由」>「その他」で詳細をご記入ください。
  • 定義について
  • 【有害事象の転帰】
    回復:症状が完全に消失した場合
    軽快:症状は完全には消失しておらず、回復の途中である場合
    回復したが後遺症あり:一部回復したが、後遺症としてなんらかの症状が残存することが確定した場合
    未回復:事象発生時より回復しておらず、転帰が未確定の場合

    【バルーンカテーテルの使用目的】
    (1)Angioplasty:Flow diverterを展開させるために用いた場合
    (2)Flow diverterの拡張:展開したFlow diverterを拡張し圧着等させるために用いた場合
  • 「関連する合併症」について
  • 【手技前】にあります「関連する合併症」につきましては、「脳血管障害に影響を及ぼす可能性のある基礎疾患」をご選択ください。脳動脈瘤の結果生じた疾患や症状ではありませんので、ご留意ください。
CapTool® mini © 2021 Mebix, Inc. All Rights Reserved. Version 1.2.103-R03 r-1 Config Revision: 72704
動作環境セキュリティポリシーお問い合わせ・資料ダウンロード